【スティーヴン・キング】最大の問題作が新設定で再映画化!悲しき“禁忌”ホラー『ペット・セメタリー』 最新映像

執筆当時あまりの恐ろしさに出版見送り!
“スティーヴン・キング”最大の問題作が新設定で再映画化!『ペット・セメタリー』2020年1月17日(金)より全国ロードショー!

それは、娘を亡くした父親の悲哀なる“禁忌”ホラー。ベストセラー作家スティーヴン・キングが、自身の原体験からインスパイアされ、1983年執筆当時あまりの恐ろしさに出版を暫く見送った、悲しき“禁忌”ホラー『ペット・セメタリー』がついに日本上陸!

<ストーリー> 家族と田舎に引っ越した医師ルイス(ジェイソン・クラーク)。新居の裏には謎めいた動物の墓地“ペット・セメタリー”があった。ある日、飼い猫が事故にあうと、墓地を越えた奥深くの森で猫を埋葬する。 しかし次の日、凶暴に豹変した猫が姿を現わした。その地は、先住民が語り継ぐ秘密の森だったのだ。そして迎えた娘エリー(ジェテ・ローレンス)の誕生日、彼女は交通事故で帰らぬ人に…。果たしてルイスの取った行動とは――。

配給:東和ピクチャーズ 
© 2018 Paramount Pictures. All Rights Reserved.

「死」を巡る話は、怖くも切ないですね…。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る