勧修寺玲旺 後藤真希に甥がいた!実はジュノンボーイ・ファイナリストで映画初出演! 映画「青鬼 ver.2.0」初日舞台挨拶 -青鬼祭-

2015年7月4日 東京・新宿 シネマート新宿 映画「青鬼 ver.2.0」の初日舞台挨拶-青鬼祭-が行われ、主演の中川大志さん、平愛梨さんの妹でヒロイン役を務めた平祐奈さん、元モーニング娘・後藤真希さんの甥の勧修寺玲旺(かんしゅうじれお)さん、松島庄汰さん、久松郁実さん、タモト清嵐さんら出演者が登場しました。

映画初出演の勧修寺玲旺さんは、元モーニング娘の後藤真希さんの甥ということだけあって、パッチリとした目やまっすぐ通った鼻筋はゴマキにソックリ!第25代目のジュノンボーイ ファイナリストです。

【『青鬼』とは・・・】
『青鬼』は、謎を解き、密室から脱出するというだけのシンプルなゲームながら、若者から圧倒的な支持があります。ニコニコ動画から火が付き、関連動画の視聴回数が6,000万回超を誇る大人気フリーゲーム。

中川大志
「初日舞台挨拶。そして、青鬼祭にお越し頂き有難うございます。ヒロシ役をやらせて頂きました、中川大志です。今日はみなさん宜しくお願いします。」

平祐奈
「杏奈役をさせて頂きました。平祐奈です。みなさん、今日は青鬼祭にお越し頂き有難うございます。青鬼祭なので、青鬼の恐怖が、きょうふってきます。どうぞ宜しくお願いします。」

勧修寺玲旺
「たけし役をやらせて頂きます。すいません。たけし役をやらせて頂きました、勧修寺玲旺です。今回は、青鬼祭初日なので、ぜひ楽しんでいって頂けたらなと思います。今日は、宜しくお願いします。」

Q.現場はどんな現場でしたか?
中川大志
「ホラー映画って僕あんまり、怖いものが得意じゃないので、あんまりホラー映画とか見てこなかったので、今回出させて頂く側になってすごく不安だったんですけど。実際の撮影現場(ロケ)で使わせて頂いた所も、実際の廃墟で撮影していて、すっごく雰囲気がやっぱり怖くて。ね、松島君。」

松島庄汰
「屋敷に、俺ら泊まってたもんね、実際に。これから見て頂くと思うんですけれども、その中の出てくる屋敷というか、ジェイルハウス。あそこに僕達、本当に泊まって撮影していたんですよ。これ程の嫌がらせ無いでしょう、本当。どんだけ怖いのかと思いましたけど。」

平祐奈
Q.ホラー映画は一人で見られるタイプですか?
「ダメです。ダメです。見た時は、母とお姉ちゃんに挟んでもらって見ていたんですけど、一緒に怖いから見てねって言ったら、始まった瞬間に二人とも寝ちゃって。なので、今日はこれで見てもらいたいなと思います。」

Q.もともと「青鬼」のゲームがとても大好きだったということを伺っておりますが、ゲームファンとして、映画版の魅力を観修寺さんの言葉でお願いします。
勧修寺玲旺
「僕も、原作のゲームが元々昔から大好きだったので、ゲームをやったことがある人達なら分かると思うんですが、たけしの「ガタブル」シーンと、後は鉄格子だったり、階段逃げ回ったりと、図書室だったりと、色んな原作に基づいたシーンがたくさん出てくるので、楽しめるんじゃないかなあと思います。ゲームをやっている時とはまた違って、実際に自分がゲームの中に入っているような感覚で出来たので、色々、怒ったり、叫んだり、走ったりと色々出来たので、すごい良い経験が出来たかなと思います。」

中川大志
「まだ、これから見てもらうということで、あんまり多くは語れないんですけども、とにかく本当に、いよいよ今日見てもらえるということで、僕達も緊張感もあり、そして楽しみでもあるんですけども、とにかく、この青鬼と僕達が壮絶なバトルを繰り広げているので、そこを楽しんで見て頂けたら良いなと思いますので。皆さんぜひ、この後楽しんでください。今日は有難うございました。」

『青鬼 ver.2.0』 全国大ヒット上映中
(c) 2015 noprops・黒田研二/『青鬼 ver.2.0』製作委員会
配給: AMGエンタテイメント

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る