ニコラス・ケイジ、足首を骨折する重傷を負いながらも撮影を敢行!『コード211』

ニコラス・ケイジ出演、本格刑事アクション『コード211』が2018年11月4日(日)から公開。
『コード211』は東京・シネマート新宿と大阪・シネマート心斎橋の編成担当者・野村武寛が贈る特集上映「のむコレ(のむらコレクション)」を皮切りに順次公開となる、米国史上最悪の銀行強盗事件を基にした刑事アクション巨編。
犯人の銃弾、その数1,100発以上。
米国犯罪史上最悪の銃撃戦「ノースハリウッド銀行強盗事件」をひとりの刑事の視点から描いた真実の物語。
歴戦の傭兵組織が起こした銀行強盗事件に立ち向かう昔気質な刑事・マイクを演じるのは、アカデミー俳優のニコラス・ケイジ。
ニコラスは極力スタントを使わず、危険なアクションに挑み、実際に足首を骨折する重傷を負いながらも撮影を敢行しました。
映画の内外ともに満身創痍となったニコラス・ケイジが渾身の力で臨んだ本格刑事アクション最高傑作が誕生しました。
公開された予告では、退職直前の警察官を演じたニコラス・ケイジが強盗団に仲間を殺されたことで、怒りのあまりものすごい剣幕で怒る姿が映し出されています。

© 2018 – 211 Productions, Inc.
配給:AMGエンタテインメント 
(C) HUNTERS PRAYER LLC / HUNTERS PRAYER PRODUCTION SPAIN AIE 2016

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る