成田凌、17歳と27歳の演じ分けがすごい…!

小説家・燃え殻さんによる書き下ろし、成田凌さん主演による Hulu オリジナル「あなたに聴かせたい歌があるんだ」本編予告映像が初解禁されました。

この映画は、デビュー作「ボクたちはみんな大人になれなかった」が幅広い層から熱烈に支持されベストセラーとなり、 昨年映画化された小説家・燃え殻さんによる映像化のための書き下ろし新作となります。

17 歳と 27 歳に人生の分岐点を迎えた者たちが抱く夢と葛藤、そして後悔を描き、正解が出づらい現代社会を痛々しくも瑞々しく映し出した群像劇です。

成田凌さん演じる荻野智史は、役者の道を諦め転職した 2 年目のサラリーマン。会社の上司の飲み会に付き合い、社会というものに飲み込まれひれ伏している自分に葛藤を感じています。

今回初解禁となった予告映像は、成田さん演じる荻野の「あの日、あの教室で、僕らの人生は何かが変わっていたのかもしれない」というモノローグとともに、高校の教室にいる制服姿の彼らと、赤い下着姿のエロ本を破る女教師のセンセーショナルなシーンから始まります。

あの時、先生が訴えかけた「27 歳」という呪いのような意味深い言葉、そして次々に映し出される 27 歳になった彼らが経験する現実、そして、「夢を諦めるのは、夢を諦めないより勇気がいった」という片桐の言葉をキーワードに展開していきます。

彼らはどんな 10 年を過ごし、何を選択してこれから生きていこうとするのか。各話ごとにフォーカスされる彼らの人生のほんのひとかけらを、予告映像では切り取っています。

更に、リリースから 20 年以上の時を経てなお、世代を超えて熱狂的なファンを持つキリンジ「エイリアンズ」が、物語のキーとなるテーマ曲として印象的に流れます。 誰しもが経験するかもしれない巡りゆく時間と、登場人物の心情を丁寧に描いたこの映画に注目です!

関連記事

ページ上部へ戻る