Fukaseの返信スピードは恐怖レベル!!「なんで逆にみんなそんな遅いんだろう」。映画『キャラクター』公開記念舞台挨拶

6月22日、TOHOシネマズ日比谷で開催された、映画『キャラクター』公開記念舞台挨拶に、この映画で鮮烈な俳優デビューを果たした Fukase さんと、メガホンをとった永井聡監督が登壇しました。

そして当日限りの特別企画とし、募集したファンからの質問にリアルに回答!さらに Fukaseさんと共に両角のキャラクターを作り上げた映画プロデューサーが、 “マル秘エピソード”をタレコミ!これは真実か否か、Fukaseさんに直撃〜!!真相が明らかになりました!

“役柄を引きずることはありましたか?”というファンからの質問。強烈なキャラクターを演じながら、オンオフを完璧に切り分けていたというFukaseさんは、「(撮影後、)血だらけの中で監督とかと合間こう、わりとぼく、こう揺れてるんで」「(バンドメンバーに)差し入れ持ってこいよ〜って持ってこさせて、バンドメンバーとも普通に喋りますし」と、殺人鬼という役柄も存分に楽しんでいた様子でした。

また、プロデューサーから“返信が鬼早い”というタレコミ情報を聞き、「誰にでも早いです。なんで逆にみんなそんな遅いんだろう」と認める場面も。しかし、「この前、10秒だけ小栗旬さんにだけ躊躇しました」「いま俺、小栗旬さんにLINEを返せるテンションか10秒悩んだんです」と、流石のFukaseさんも大御所俳優を前に手が止まったエピソードを話してくれました。

虫も殺さないというFukaseさんのギャップを、劇場でご覧になってみてはいかがでしょうか。

関連記事

ページ上部へ戻る