“もう宣伝はしません!”藤原竜也&竹内涼真 映画『太陽は動かない』舞台挨拶で苦笑い

今月21日、東京の丸の内ピカデリーにて、映画『太陽は動かない』の公開御礼舞台挨拶が行われました。主演の藤原竜也さんと竹内涼真さん、監督の羽住英一郎さんが登壇。

藤原さんは「本当に監督には面白い映画を作ってもらい思い感謝している。今日も天気が悪い中、皆さんにお越しいただき感謝している。ありがとうございました」と頭を下げました。

本作は、藤原竜也さん演じる鷹野一彦と、竹内涼真さん演じる田岡亮一が、心臓に小型爆弾を埋め込まれ、24時間ごとに迫る死の危険を抱えながら、極秘情報をめぐり各国のエージェントたちと情報戦を繰り広げるストーリー。

撮影は期間はおよそ半年。日本とブルガリアで行われた。
この日、改めて作品を観た藤原さんは「出演者のヨハンとかヒョジュちゃんとか、佐藤浩市さんとかとずっと半年間ブルガリアから始まって撮影していたけど、皆に会いたくなりましたね。久しぶりに皆と会って話したいと言う感情が湧いてきた。大変な状況で国をまたいで今は会えないけど‥ 皆の気持ちが一つになった気がした」そう。

公開後に反響も届いたそうで「(藤原)ヨハンからは 2 日に1回くらいメールが来るので‥ 会いたいなと思っているけど、実際に会っているようなもので‥ 逐一報告は来ます。半年間アクションの撮影で、マイシーンがクライマックスのようだった。浩一さんを含め、現場にはいなかったけど、大変だったんだろうなと想像はつく」
「(竹内)観に行ってくれた人たちは、凄く面白かったと連絡が来た。自分も改めて観たけど凄くかっこいい映画だし、また1年前に見た時と違った作品の魅力を見つけられたから良かった。ノースタントで⻯也さんとやったアクションは、生っぽい人間同士のぶつかり合いがちゃんと出ていて、同業者の方からはそこが凄かったと言ってくれるし、頑張った甲斐があった」と嬉しそうに語りました。

新型コロナウイルスの影響で、公開は約1年の延期。
作品の魅力を改めて問われ「(藤原)僕は魅力を宣伝し続けてきので、もうしません!もうしないと決めた。竹内と2年宣伝してきたので伝えることはありません。出し尽くしました。ありがとうございました!」とキッパリ。

だけどここでスペシャルゲストが登場。映画の魅力を丁寧に紹介。その人物とは!?
★↓その様子はこちらをクリック。
https://www.youtube.com/watch?v=hzvLb…​

そしてラストメッセージ。
「(竹内)最後に竜也さんと一緒に1回でも2回でも何回観ても語り切れないほど魅力的な作品になっていると思う。またこの作品が関わる何かでまた皆さんとお会いしたい」
「(藤原)近い将来是非続編をやりたい。もっともっと色んな人に見てもらえるように龍真と共に頑張っていきたい。ありがとうございました」
冗談だが、藤原さんの言葉通り、是非続編を実現してほしい。

イケメン俳優がダブル主演の映画『太陽は動かない』。
ただいま大ヒット上映中!! 

関連記事

ページ上部へ戻る