福島第一原発を放棄した場合、被害範囲は東京を含む半径250km。
避難対象人口は約5,000万人。
それは、東日本壊滅を意味する――――

2011年3月11日午後2時46分、東日本大震災発生。
そして福島第一原発事故。
日本人誰もが経験し、全世界が震撼した福島第一原発事故の関係者90人以上への取材をもとに綴られたジャーナリスト、門田隆将(かどたりゅうしょう)渾身のノンフィクション作品「死の淵を見た男 吉田昌郎と福島第一原発」原作の映画『Fukushima 50』(フクシマフィフティ)が、2020年3月6日(金)に全国公開。

この度、史上最大規模のスケールで描く本作の本予告が解禁。
予告では、邦画史上最大級のスケール感とリアリティ、そして、すべての登場人物が生死をかけた状況に追い込まれ感情むき出しでぶつかり合う様子が克明に描かれている。

東日本大震災が発生し、“SBO(全電源喪失)”に見舞われた福島第一原発。
原子炉建屋内に突入し、人の手で作業するしかないという状況のなか、佐藤演じる1・2号機当直長・伊崎は、自分と共に危険な作業に行ってくれるメンバーを募るという、苦渋の決断を迫られる。
渡辺演じる福島第一原発所長・吉田は「そんなことも決められねぇのか本店は!現場の人間、体張ってんだよ!」と現場の作業員を代弁して本店と戦う。
そして伊崎は「最後に何とかしなきゃいけないのは、現場にいる俺たちだ!」と覚悟を決める。
避難所でニュースを見つめ、祈り待ち続ける彼らの家族や、福島を想う地元メディアなどとともに、自衛隊、さらには“トモダチ作戦”を実施するアメリカ軍も登場。

あの日福島では想像もしなかったドラマが繰り広げられていたことが垣間見える、迫力の予告編。
日本映画史上最大級のスケールと圧倒的ドラマで、今を生きる全ての人に贈る≪真実の物語≫。

配給:松竹、KADOKAWA
©2020『Fukushima 50』製作委員会

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る