「脱!ダメ金玉!」松重豊が愛する妻・北川景子のため“男の妊活”に奮闘するシーンが公開!映画『ヒキタさん!ご懐妊ですよ』

作家・ヒキタクニオが自らの体験を基に書き上げたエッセイ「ヒキタさん! ご懐妊ですよ」を原作に、一般的に馴染みの薄い“男の妊活”を真正面から描きながらも、ユーモアあふれる語り口で展開される映画『ヒキタさん! ご懐妊ですよ!』が10月4日(金)より全国公開。

本作から、アラフィフ作家の主人公・ヒキタクニオが、“妊娠に良い”と言われるもの全てに全力で取り組む<怒涛の妊活奮闘シーン>が解禁!

「やれることは全部やる!」妊娠にまつわる数々の噂にガンガン挑戦!
<妊娠のしやすさ>にまつわる噂は数多く存在する。
「桃の缶詰を食べると良い」「寝室にオレンジ色の物を置くと良い」などが代表的なもの。
医者に自身の<精子の運動率が20%>と診断され、不妊の原因が自分にあると知った彼だが、「1匹の精子が卵子にたどり着けばいい!」と奮起。
部屋の壁に「脱!駄目金玉!」と書いた紙を貼り、「金玉を冷やす」「部屋にザクロの写真を貼る」など、自分に出来ることは何でもやる!と妊活に奮闘する姿が描かれている。

松重豊の豪快な食べっぷりが気持ちいい!
「桃缶」をこれでもかと口の中に流し込み、見ているこちらの口の中にもそのジューシーな果汁が広がりそうな、さすがの食事シーンだ。
見る前に“飯テロ”となる可能性は覚悟した方がよいかもしれない。

愛する妻が北川景子…必死になるの、頷けます!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る