美女3人が復讐(リベンジ)したいこととは?【CAST:】

「CAST:(キャスト:)」完成披露試写会&新ブランド発表会が行われ、飯豊まりえさん、emmaさん、佐藤千亜紀さん、林響太朗監督が登場した。

この作品は「Mr.Children」や米津玄師などのMV演出を手掛ける林響太朗監督・脚本による映画。自分らしさに悩む3人の女性が、人生が織りなす不思議なめぐり合わせから出会い、1人の男性を中心に目まぐるしく変わる人生に懸命に向き合っていく姿を描いている。

イベントでは、女性ならではのファッショントークや撮影中の印象的なエピソードを展開し会場を和ませた。
また映画に基づき「自分の中で復讐(リベンジ)したいことは?」の問いには、emmaさんは「サッカーを観ることが好きで、自宅で録画を見ることを楽しみにしていたところ、お父さんに電話で結果を教えられたこと」。
佐藤さんは「ライブハウスで打ち上げしていた時に、バンド仲間にいきなりビールをかけられたこと」。
飯豊さんは「とある作品での撮影で、コタツで正座をしていて、立ち上がって出て行くシーンの際に両足捻挫をしてしまい迷惑をかけてしまったこと。」と明かした。

【CAST:】
ファッションはもう、生き方や価値観、個性抜きには語ることができない。
多様性の時代。仕事も、好きな服も、恋愛スタイルも様々。
笑って、モヤモヤして、熱中して。そして、自分を変えながら生きていく。
「CAST:」は、そんな女性たちの物語も含めたブランド。ファーストシーズンのコンセプトは「着る映画」。
映画に登場する3人の女性像がブランドラインとして立ち上がりました。映画を楽しみながら、主人公たちが身にまとう衣装を買うことができます。あなたが演じたい人生のワンシーンを服と一緒に見つけてください。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る