ウィル・スミスが“23歳の暗殺者”と “最強スナイパー”に扮し全面対決!!映画『ジェミニマン』

『メン・イン・ブラック』シリーズや『アイ・アム・レジェンド』(07)、そして『アラジン』(2019)でのジーニー役も記憶に新しいトップスター、ウィル・スミスが主演を務め、監督には『ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日』(13)などで2度のアカデミー賞(R)監督賞受賞を誇る巨匠アン・リー、そして『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズや『アルマゲドン』(98)を手掛けたジェリー・ブラッカイマーが製作を務め、ハリウッドを代表するヒットメーカー3名が初タッグを組んだ
近未来アクションエンターテイメント最新作『ジェミニマン』が10月25日(金)に日本公開します。

解禁された予告映像は、政府から命を狙われているヘンリーが、その持前のスナイパー技術で敵を狙撃するところから始まる。
その後は“ジェミニ”と呼ばれる最強の敵が、自由自在にバイクを駆使した武術(バイフー)を繰り出し、手に汗握るアクションシーンの応酬。
だが映像の後半からは、ヘンリーとそのクローンとの戦いに隠された「陰謀の存在」を予感させる展開となっている。
何故ヘンリーを殺すために彼のクローンが送られてきたのか?
ヘンリーが語る「俺たちの真実」とは一体何なのか?
これまで謎に包まれていた新たな展開も明らかに!

本作の撮影では、最新技術によりウィル・スミスが最強のスナイパー・ヘンリー(現在のウィル・スミス)と秘密裏に作られた自身のクローンで最強の暗殺者(20代のウィル・スミス)の一人二役で2つの世代を演じ分け、なおかつ自分自身との激しいアクションにも挑戦。
「これまで俳優として培った経験のおかげで、2つの世代を演じ分けることができた。
23歳の頃ではジュニアは演じることが出来なかった」とコメントするなど、自身のキャリアの中でも最もハードルの高い役柄だったとも語っているウィルがかつてないアクションに挑んでいる本作では、驚異の毎秒120フレーム撮影、かつ4K×3D映像という新時代のテクノロジーが導入され、VFX責任者のビル・ウェスタンホッファーが「複雑に聞こえるかもしれないけど、その意味は単純なんだ。
つまり、観客がアクションの世界に入り込んだ感覚を味わえるってことだ」と豪語するように革新的映像体験となること間違いなし。
トップスターとしてキャリアを重ねたウィル・スミス、圧倒的映像美に定評のあるアン・リー監督、そして数々の作品を世界的大ヒットへと導いてきたジェリー・ブラッカイマー、ハリウッド最強のチームが集まった本作に世界中が注目している

©️2019 PARAMOUNT PICTURES. ALL RIGHTS RESERVED.

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る