宮迫博之、田村亮の処分撤回。吉本興業・岡本昭彦社長が涙の会見

お笑い芸人が振り込め詐欺グループのパーティーに出席したいわゆる「闇営業」問題で、金銭の授受が発覚し、吉本興業から契約を解消された雨上がり決死隊の宮迫博之さんと、謹慎処分中のロンドンブーツ1号2号の田村亮さんの謝罪会見を受け、吉本興業の岡本昭彦社長が都内で会見を開いた。

冒頭、岡本昭彦社長は契約解消した宮迫博之さんと謹慎中の田村亮さんについて、「一昨日、宮迫博之君と田村亮君にあのような記者会見をさせてしまい二人に対して深くおわびを申し上げます。つきましては処分の撤回を行いまして改めて彼らがミーティングの席に立っていただけることがあるのならば弊社としては全力でミーティングをさせていただき、いつの日か戻ってきてくれるようなことがあるのならっば全力でサポートしていければと思っています。」と語った。

会見を開かなかった理由に関して岡本昭彦社長は「事実関係が十分明らかになっておらず、関係した芸人達の意思がきちんと定まらない状態で記者会見を行うことはかえって芸人達を傷つけてしまうと考えた私と、一日も早く説明と謝罪をしたいと芸人さんとの間で正しい意思疎通ができず、結果として本人達に辛い思いをさせてしまいました。」と説明した。

また、契約解消の撤回に関して岡本昭彦社長は「彼らに気持ちが受け入れてもらえるのであれば、また同じテーブルで向かい合って彼らの想いに耳を傾け最善の解決策を一から考えたいと思います。」と目に涙を浮かべて語った。

#吉本 #宮迫博之 #田村亮

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る