中村文則原作の「悪と仮面のルール」が遂に映画化!キャストが中村哲平監督について語る!

映画『悪と仮面のルール』の予告が公開されました。
日本国内のみならず、アメリカをはじめとした海外でも注目を集め、ウォール・ストリート・ジャーナルで「ベストミステリー10小説」に選出された芥川賞作家・中村文則の原作が、関ジャニ∞や福山雅治らのミュージックビデオやCMを数多く手掛けてきた新鋭・中村哲平監督によって、ついに映画化。
“悪”となるために創られた男・久喜文宏を演じるのは、映画、舞台など幅広いジャンルで活躍する玉木宏。
そのほか、新木優子、吉沢亮、中村達也、光石研、村井國夫、柄本明ら実力派キャストが集結。原作の世界観を忠実に描きながら、“最後は泣ける”サスペンスが完成しました。
映画『悪と仮面のルール』は2018年1月13日全国ロードショー

(C)中村文則/講談社 (C)2017「悪と仮面のルール」製作委員会
企画制作:PlusD 配給・宣伝:ファントム・フィルム

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る