永野 歌ネタはもう卒業⁉リアクション芸に挑戦! できたてポップコーンの早食い、成功なるか!? のどごし 生 POP・POP CHALLENGE

2016年10月5日 キリンビールは、新ジャンル市場において11年連続で売上No.1を達成した「キリン のどごし 生」をはじめとする「のどごし」ブランドで、ジョッキ型ポップコーンメーカーがもらえる「大人のポップコーンメーカー絶対!もらえるキャンペーン」を11月30日まで実施しています。このキャンペーンを記念し、芸人の永野さんを起用したWEBCM『のどごし 生 POP・POP CHALLENGE』が公開されました。

キャンペーン開始を記念し、いま1番ポップ(?)な芸人・永野さんを起用し、できたてポップコーンを食べてもらう『のどごし 生 POP・POP CHALLENGE』を実施。永野さんの前に置かれたのは、コンロにかけたフライパンです。アシスタントの女性MC(石川 彩夏さん)から「チャレンジは、できたてポップコーンの早食い!制限時間は30秒!」と言われ、事態が飲み込めない永野さん。フライパンの蓋を取ると、ポップコーンが大量に飛び出します。できたてを早食いしなければならない、ということで、永野さんは飛び出すポップコーンを食べようと必死にチャレンジしますが、なかなかキャッチできません。「あっっっっつ!」「これ食べんの!?」とブツブツ言いながら果敢に挑みますが、飛びやまないポップコーンについ、「助けてぇええ!」と怒り出し、終了するやいなや「無理だろ!!」と叫びます。そんな永野さんを横目に「できたてを食べるならこっちですね!」と女性MC (石川 彩夏さん)が「大人のポップコーンメーカー」を紹介すると、鋭い視線で睨みつける永野さん。このままリアクション芸のみで終了するかと思いきや、お決まりの「ゴッホより~普通に~のどごしが好きー!」と叫びました。

実際にぶっつけ本番でのチャレンジとなった、できたてポップコーンの早食い。チャレンジ後「匂いはおいしそうなんですけど…こんなに飛ぶの!?すごい集中したわぁ…怖いでしょ!!」と若干パニックな様子の永野さん。「えー、なんかこんな仕事ばっかり…」とついついボヤキます。さらに、締めのお決まりのネタでは、静かなスタジオに自身の声が響き渡る様子に「なんでこんなの流行ったんだろう、って思うくらい恥ずかしいですよね…」と本音をポツリとつぶやく永野さんでした。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る