映画史ではじめて“月面着陸”の物語を描く

『ラ・ラ・ランド』のデイミアン・チャゼル監督と主演ライアン・ゴズリングが再びタッグを組んだ待望の最新作『ファースト・マン』の特別映像が公開された。
この『ファースト・マン』は月面着陸から50周年のアニバーサリーイヤーとなる 2019 年の2月8日から公開中。

すでに発表されている今期の賞レースにおいて、映画界最高峰の祭典となるアカデミー賞で録音賞、音響編集賞、視覚効果賞、美術賞 4 部門にノミネート。
さらに、アカデミー賞の前哨戦として最も注目されるゴールデン・グローブ賞では、クレア・フォイが助演女優賞にノミネートされ、『ラ・ラ・ランド』に続き今回の作品でも作曲を担当したジャスティン・ハーウィッツが作曲賞を受賞したほか、北米最大の映画批評家賞、放送映画批評家賞が実施するクリティクスチョイスでは作曲賞と編集賞の2部門、サテライト賞でも作曲賞を受賞している。

この特別映像では、デイミアン・チャゼル監督、ライアン・ゴズリング、クレア・フォイが映画史で、はじめて“月面着陸”の物語を描く作品の魅力について語っている。
主人公のニール・アームストロングを演じたライアン・ゴズリングが「人類が月に立つ物語が映画になったのは初めてだそうだ」と明かすように、有名な歴史的出来事にもかかわらず、初めて実話映画として実写化された今回の作品。
監督を 務めたデイミアン・チャゼルが「月面着陸の詳細は意外なことにあまり知られていない」と語るように、華やかに見えたアポロ計画の裏に存在する 壮絶なミッションの様子や犠牲の数々を、アポロ11号の船長を務めたニール・ アームストロングの目線でリアルに描き出している。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る