「HONKY CAT/ホンキー・キャット」を歌って踊るミュージカルシーンが公開!映画『ロケットマン』

『キングスマン』シリーズのタロン・エガ-トン主演、ノンクレジットながら昨年の大ヒット作『ボヘミアン・ラプソディ』の最終監督を務めたデクスター・フレッチャーという話題のタッグで贈る、音楽界の最高峰グラミー賞を5度受賞し、世界一売れたシングルの記録を持つ伝説的ミュージシャン”エルトン・ジョン”の半生を映画化した話題のミュージック・エンターテイメント超大作、映画『ロケットマン』が東和ピクチャーズ配給にて、8月23日(金)より 大ヒット公開中。

今回、エルトン・ジョン(タロン・エガートン)と恋人でマネージャーのジョン・リード(リチャード・マッデン)が「HONKY CAT/ホンキー・キャット」を歌って踊るミュージカルシーンを捉えた本編映像が到着。

到着したのは、エルトン・ジョン(タロン・エガートン)と恋人でマネージャーのジョン・リード(リチャード・マッデン)が、「HONKY CAT/ホンキー・キャット」を歌って踊るド派手で賑やかなミュージカルシーン。
エルトンは、カジュアルなジャケット姿で登場したかと思えば、アニマル柄のガウンに着替え、続いてジョンとお揃いの蝶ネクタイがポイントのお洒落なスーツ姿、分厚い毛皮のコート姿、煌びやかなステージ衣装と、目まぐるしく衣装と舞台を七変化させ、常にジョンと熱い視線を交わしながら「HONKY CAT/ホンキー・キャット」を熱唱。
このシーンは「SATURDAY NIGHT’S ALL RIGHT FOR FIGHTING/土曜の夜は僕の生きがい」の夜の遊園地で歌って踊るシーンと同じように、ヴィジュアル面が意識され、往年のミュージカルのテイストを加えたものとして撮影されているそうで、エルトンの大ブレイク時期、そしてエルトンとジョン・リードの関係の全盛期を華やかに映した圧巻の演出はもちろん、2人が奏でるデュエットの美しさにも興奮すること間違いなしのワンシーンです。

タロンは一見とても華やかなこのシーンについて「この短いシーンは、当時エルトンに押し寄せていた急激な成功と高まる悪名と富を描いている」と、エルトンの暗い側面も同時に描いていることを指摘。
監督のデクスター・フレッチャーも「『雨に唄えば』は大好きな映画のひとつで、ジーン・ケリーとシド・チャリシーが着想になっている。」と不朽の名作からイマジネーションを得たことを明かしながら、「そうした伝統的なものを取り入れながらも、いかにして本シーンを贅沢や、やりたい放題な様子、決して魅力的とはいえない行動…。つまり金の浪費を表すシーンに仕上げるかが問題だった。この曲では祭りのような賑やかさと、浪費を見せる必要があった。賛成できる、できないに関係なく、それが当時のエルトンの現実であり、非現実的でぜいたくで横暴にすら見えるかもしれないが、この曲はその辺りのことをうまく表しているように思う。この辺りから彼は現実から乖離していくんだよ。」と語っています。

エルトン・ジョンの人生を称えると同時に、その人生が経験してきた暗い側面にも目を向けていることから、すでに鑑賞済の観客からも「号泣した!」と絶賛のコメントが続々相次いでいる。

©️2018 Paramount Pictures. All rights reserved.

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る