息子を助け出すため、命がけでISと戦った母親を描く

捕虜となった息子を助け出す為、銃を取って立ち上がったクルド人女性と、片眼の戦場ジャーナリストの“真実”の物語『バハールの涙』の予告映像が解禁された。

女弁護士のバハールは愛する夫と息子に恵まれ幸せに暮らしていたが、ある日、クルド人自治区の故郷の町でIS(イスラミックステート)の襲撃を受け、男性は皆殺されてしまう。
数か月後、バハールは人質にとられた息子を取り戻すため、女性武装部隊“太陽の女たち”のリーダーとなり、最前線でISと戦う日々をおくっていた。同じく小さな娘と離れ、戦地で取材を続ける片眼の戦場記者マチルドの目を通し、再び我が子を抱きしめる日を夢見て、内戦を生き抜くバハールの姿が映し出されていく。

この度解禁された予告編では、夫と息子を奪われたバハールが、母から戦士となりISに立ち向かう姿が臨場感たっぷりに描かれる。息子が生きている可能性を信じ、同じ境遇の女性たちを率いて立ち向かう姿に圧倒される反面、時折見せる悲しみの表情からバハールや女性戦闘員たちが負った傷の深さを思い知らされる。
ポスタービジュアルでは“母vs IS 女に殺されると天国へ行けない”のキャッチコピーと共に、どこか冷めたような、それでいて強い意志が感じさせる眼差しのバハールと、戦場を切り取ったシーンが散りばめられ、過酷な状況下で必死に戦う女性たちの現実が伝わってくる。
先日2018年ノーベル平和賞を受賞した、自らも性暴力の被害者として、その実態を世界に訴え続けるシンジャル出身・ヤズディ教徒のナディア・ムラドさんと境遇を同じくし、ひるまず立ち上がりISと戦うバハールたちの生き様は観る者の胸に響く。

【STORY】
女弁護士のバハールは愛する夫と息子と幸せに暮らしていた。ある日クルド人自治区の故郷の町でISの襲撃を受け、男性は皆殺されてしまう。バハールは人質にとられた息子を取り戻すため、クルド人女性武装部隊“太陽の女たち”のリーダーとなり、戦う日々を送っていた。

監督・脚本:エヴァ・ウッソン 『青い欲動』 出演:ゴルシフテ・ファラハニ『パターソン』『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』、エマニュエル・ベルコ『モン・ロワ 愛を巡るそれぞれの理由』  2018年/フランス・ベルギー・ジョージア・スイス合作/111分/原題:Les filles du soleil(Girls of the Sun)
配給:コムストック・グループ+ツイン 配給協力:REGENTS   

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る