<フル>松坂桃李を「ずっと触らせてもらった‥」 多部未華子と撮影の裏で何が!? @映画『流浪の月』舞台挨拶

5月13日、都内で映画『流浪の月』の初日舞台挨拶が行われました。
本作は2020年、本屋大賞を受賞した 凪良ゆうさんの同名小説が原作。

主人公は、家に帰れない事情を抱えた少女・更紗と、彼女を受け入れた大学生の文。
共同生活をはじめると、共に気持ちが温かく、はじめて息のつける奇跡のような日々を送っていた。 

しかし、ある日。更紗は世間を騒がせた女児誘拐事件の「被害者」、文はその「誘拐犯」となり離ればなれに…
それから15年後、2人は偶然にも再会を果たす。
以後、互いの運命が大きく動きだす‥という、絆が紡ぐ、切ない愛のストーリー。

会場に登壇したのは、広瀬すずさん、松坂桃李さん、横浜流星さん、多部未華子さん、内田也哉子さん、監督の李相日さん。

主人公・更紗を演じた広瀬さんは、無事公開を迎えて「撮影中は必死すぎて、役がどういうふうに伝わるか、見えているかというより(演じた)更紗として生きることが必死だった。どういうふうに映画が届くのかなと‥ 特別に強く、ドキドキと楽しみと、緊張感を感じる」とコメントしました。

役作りのために、減量をしたという松坂さん。
撮影中は周囲から「『激痩せで何かあったのか!?』と言われていたけど、そのうちわかるだろうなという感覚でいた」と語り、広瀬さんとの共演については「時間をかけて、じっくりと役同士が向き合うという機会を初めて経験した。それが自分の中で楽しいということではないが、ここまでやるのかと思った。しかも終わりがなく‥  とても大切なことを教えてもらった作品」と振り返りました。

一方の広瀬さんは、李監督から「もっと儚くなって」という指示があったにも関わらず、モリモリ食べていたそう。
それはなぜか? 広瀬さんは「エネルギーを使うから‥」とし実際に現場では「トレーナーさんから『炭水化物も食べて』と言われたので食べた。マネージャーさんと焼肉なんかも行った」と明かし苦笑い。

李監督が「桃李くんのことを考えると胸が痛い」と突っ込むと、広瀬さんは「申し訳ございませんでした」と謝りました。
松坂さんは「とんでもない。ラーメンもすすってたよね?」とニッコリ。会場にはクスクスと笑いが響きました。

松坂さん演じる文に寄り添う、看護師・谷を演じた多部さんは、役作りのため「監督から『桃李君を触ってよ!』と言われて、撮影の空き時間、セッティング中にずっと触らせてもらった…」と照れながらコメント。

松坂さんは「触らせてもらってって!?すごいですね!」とツッコミ。
多部さんは「(松坂さんが)本当に体重を減らして減らして臨んでいたので、ウエストがゾッとするくらい細く、本当にその日(役作りから今)に至るまで、色んな思いで今ここに立っているんだなという気持ちも、触りながら感じていた。自分も触りながら、邪魔しちゃいけない、がんばらないといけないとか、そういう気持ちにさせてくれるお人柄と体型でした…」と語り、ほっぺを赤く染めました。
松坂さんは「多部さんとは、何度か共演させていただいたことによっての信頼関係プラス、今度は違う役柄を通しての繋がりでもある。そこはもう信頼して、今までやってきた積み重ねが助けになったのでは」とのこと。

終盤、サプライズゲストが登場!
更紗の同僚の娘を演じた、子役の増田光桜さんだ。
広瀬さんと松坂さんに花束を渡しました。

実は増田と広瀬さんは、2019年にNHK連続テレビ小説『なつぞら』でも共演。
同作では親子役だったため広瀬さんは「娘なんです」とポツリ。
再び共演できたことについては「すごく朝ドラ(なつぞら)の撮影期間は長く、私もお母さん役ははじめてだったので、光桜ちゃんとのコミュニケーションを大事にするため、ずっと休憩中は一緒に遊んでいた。半年近く。なので、こんなにまたすぐに共演させていただけたことがすごく嬉しく、なんかどこかお母さんのような気持ちが離れない。距離が近いまま共演できて幸せ」と喜びました。

光桜さんも「(広瀬さんと)2年ぶりに共演できてすっごく嬉しかった」と満面の笑みを浮かべました。

映画『流浪の月』は全国公開中!
©️2022「流浪の月」製作委員会 配給:ギャガ

★映画予告編↓
https://www.youtube.com/watch?v=uDOZf

関連記事

ページ上部へ戻る