「アンタなんちゅう格好してん!?」熊切あさ美 新作DVDの撮影で老舗旅館のおばあちゃんが仰天!

タレントの熊切あさ美が、最新DVD『天香桂花』を発売。 12月26日秋葉原のソフマップにて、記念イベントが行われた。 熊切といえば、1998年にアイドルグループ・チェキッ娘の初代メンバーとしてデビュー。2000年代には“崖っぷちアイドル”と自称し、数多くのバラエティー番組に出演。 以降、グラビアアイドルとしても活動の場を広げ、芸歴は20年以上に及ぶ。 そんな彼女が、今回17作目となるDVDをリリース。 今年6月、約16年ぶりにグラビア復帰をしてから、イメージ作品は2作目となった。 今夏、福島県の老舗・滝川屋旅館で撮影。 家族経営の宿舎で、現場をたまたま目にした従業員のおばあちゃんが「なんちゅう格好で〜」と驚いたそう!「びっくりして倒れないか心配したが、そのうち見慣れちゃったみたい」と舞台裏を教えてくれた。 現場は大自然あふれる田舎。 カルチャーショックも大きく「結構、虫とかもいた。シャワーもなく衝撃的で、(風呂桶の)お湯をかけて頭を洗ったりした。おじいちゃん、おばあちゃんはこういう生活をしていたんだなという気分を何日間か味わった。意外と慣れちゃうもので、今までが恵まれすぎていたというのに気づいた」と、楽しそうに話してくれた。 内容は「テーマが“和”。温泉に2人で一緒に行っているような感じ。2人で旅館に泊まっている感じになってもらえたら嬉しい。タイトルも天香桂花と和な感じにした」と紹介。 おすすめのシーンは「どれもおすすめでどれとは選べない。全部気に入っている。でもあえて1番というならお風呂のシーンで一緒にのんびり使っている気分になれる」とアピール。ここでは「最後に熱くなってタオルを脱ぐ」らしく、大興奮の展開が予想されるが果たして!? 熊切個人の意見で、コスプレも1種着用。「この年齢だから、(自分が子供の時に見ていた)ラムちゃんっぽいのをやりたいとお願いした」。外での撮影だったが「自然の中で気持ち良かった」。 2020年も間も無く終了。熊切は来年もタレント業を続けたいそうで、目標は「たくさんある。やりたいこともたくさんある。夢は大きく持ちたい。気は大きくならないように気を付けたい」とコメント。 これからかは崖っぷちアイドルではなく、レジェンドアイドルとして、頑張ってもらいたい、 告知は、インスタなどSNSを要チェック。 youtubeも始めたそうなので、是非ご覧あれ!

関連記事

ページ上部へ戻る