【閲覧注意】白夜に照らされた“狂気の祝祭”で一体何が…? 映画『ミッドサマー』本予告

5人の学生が招かれたのは、白夜に照らされた狂気の祭だった― 
恐怖の歴史を覆す“フェスティバル・スリラー” 

ハリウッドの製作陣が“最も組みたいクリエイター”としてその動向に注目が集まっているアリ・アスター監督の最新作『ミッドサマー』が、2020年2月21日(金)全国公開。 

恐怖の歴史を覆す、暗闇とは真逆の明るい祝祭。
天才的な発想と演出、全シーンが伏線となる緻密な脚本、観る者を魅惑する極彩色の映像美が一体となり、永遠に忘れられない結末に到達する。
そこに待つのは究極の恐怖と、未体験の解放感。
体験した者は二度と元には戻れない“フェスティバル・スリラー” が日本解禁! 

<ストーリー>
家族を不慮の事故で失ったダニー(フローレンス・ピュー)は、大学で民俗学を研究する恋人のクリスチャン(ジャック・レイナー)や友人と5人でスウェーデンの奥地で開かれる“90年に一度の祝祭”を訪れる。
美しい花々が咲き乱れ、太陽が沈まないその村は、優しい住人が陽気に歌い踊る楽園のように思えた。
しかし、次第に不穏な空気が漂い始め、ダニーの心はかき乱されていく。
妄想、トラウマ、不安、恐怖……それは想像を絶する悪夢の始まりだった。

配給:ファントム・フィルム
©2019 A24 FILMS LLC. All Rights Reserved.

果たしてこの村では何が起こるのか…。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る