超特急が 映画『フッド:ザ・ビギニング』の応援隊長に! 劇中のアクションシーン「アクロバティックな弓矢使い」に挑戦!

これまでケヴィン・コスナーやラッセル・クロウなど錚々たるハリウッド俳優が主演し実写映画化されてきたロビン・フッド。

今回はハリウッドの第一線で活躍し続ける名優レオナルド・ディカプリオを製作に迎え、『キングスマン』シリーズで一躍人気俳優となったタロン・エガートンが主演に大抜擢され話題となったアクション・エンターテイメント『フッド:ザ・ビギニング(原題:Robin Hood)』が10月18日(金)に公開。

主演のタロン・エガートンは俳優としてはもちろん、そのチャーミングな笑顔で世界中の女性を虜にし、またエルトン・ジョンの半生を描いた『ロケットマン』では桁違いの歌唱力を見せつけるなど、多彩な魅力を持っている。

そのタロンをリスペクトしてやまないという超特急が『フッド:ザ・ビギニング』応援隊長に就任することが決定!
劇中のアクションシーンに挑戦した特別映像も解禁!

今回、タロンが劇中で魅せている、本作の最大の見どころでもある「アクロバティックな弓矢使い」にカイ、リョウガ、ユーキ、タカシの4人が挑戦!

アーチェリーの弓矢を手にすること自体、初めての経験である彼らを、弓矢とアクションの達人が一から指導、おぼつかない手つきで弓と矢を扱い始めた。
しかし高い身体能力を持つ彼らはたった1時間ほどの練習時間でめきめきと上達!

本作のタイトル『フッド:ザ・ビギニング』を文字って“フッド:ザ・チャレンジ“と題し、タカシは的を見ずに矢を射る「ノールックshot」に、リョウガは垂直にジャンプしながらの「フライングshot」に、ユーキは15秒以内に3本の矢を射る「早撃ちshot」を、そしてカイは横跳びしながらの「アクロバットshot」にそれぞれ挑戦している。

監督:オットー・バサースト 出演:タロン・エガートン、ジェイミー・フォックスほか

© 2018 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved.
配給:キノフィルムズ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る