人質は21人の子供たち!映画『15ミニッツ・ウォー』

世界最高峰と謳われる対テロ特殊部隊:GIGN(フランス国家憲兵隊治安介入部隊)伝説の作戦行動であり、衝撃的実話を映画化。
観るも者を戦場へと引きずり込む映画『15ミニッツ・ウォー』。

本作の基となったのは1976年、フランス最後の植民地であるジブチで発生したバスジャック事件。
高い狙撃能力を持つスナイパーたちによって編成された対テロ特殊部隊・GIGNが正式に組織化される前夜に起きた「奇跡の人質救出」を映画化。
伝説的な作戦の一部始終を、圧倒的な緊張感と壮絶なアクション、そしてエモーショナルな人間模様と共に描かれていく。

出演は『007/慰めの報酬』で一躍世界的大スターとなり『オブリビオン』といった作品にも出演する国際派女優・オルガ・キュリレンコ。
またアルバン・ルノワール、ヴァンサン・ペレーズといったフランス名優陣が集結している。

今回到着した日本版予告編では、幼い子供たちが乗車するスクールバスが、テロリスト達によってバスジャックされる衝撃のシーンから幕開けする。
犯行グループの要求により、隣国ソマリアへと向かう事となったバスは、軍との攻防により国境手前で停車する。
生徒の身を案じる一心で、テロリストに占拠されたスクールバスに単身乗り込むことを決意したアメリカ人女性教師・ジェーン(オルガ・キュリレンコ)の、腹をくくる瞬間が収められており、目を引くはずだ。
また犯人グループに立ち向かう事となる、“用心棒”の様な風貌が印象的な5人のスナイパーたちも登場。 
「フランスの出方を世界が見てる」と女性幹部が語る様に、21人と女性教師の運命は彼らに託された…。
果たして“全員同時に犯人を狙撃する”という、インポッシブルなミッションは成功する事が出来るのか、行末気になる映像に仕上がっている。

併せて到着した場面写真では、前代未聞の人質救出作戦に挑むスナイパーのリーダー、フランスの名優・アルバン・ルノワールの眼光鋭く犯人を狙う姿や、ジェーンが乗り込んだバス内の緊迫した内部の様子といった“極限の戦場”風景が描かれている事が一目で感じとれるはず。
監督を務めたフレッド・グリヴォワは本品の注目ポイントを明かす。
「スペクタクルな展開が目白押しです! 彼ら精鋭射撃部隊員たちは、ほかの誰にもできない特別なミッションを遂行するんです。」と語った。

ラスト15分の攻防激は、アクション映画史に残る1シーンに仕上がっている。 

(c) 2019 EMPREINTE CINEMA – SND-GROUPE M6 – VERSUS PRODUCTION – C8 FILMS

#フィールドキャスター

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る