【2018 ミスティーン・ジャパン】グランプリは17歳のおっとり系美人

「2018 MISS TEEN JAPAN presented by Samantha Thavasa」の決勝大会が行われ、アンバサダーの新川優愛と平祐奈が登場した。

この「2018 ミスティーン・ジャパン」は、応募総数6762通の中から書類選考、地方予選会、地方大会の順に厳正な審査が行われ、審査を通過した総勢13名が決勝大会に駒を進めた。

決勝大会では自己紹介やウォーキングなどが行われ、それぞれが自分の特技を活かしたパフォーマンスで会場を盛り上げた。
グランプリに選ばれたのは関東大会代表の佐藤梨紗子(17)。

グランプリに選ばれた佐藤は「応募してからたくさんの人に見られる意識を持ったので、自分に少し自信が持てるようになりました」と喜びの言葉を口にした。

【ファイナリスト】
ENTRY No.1 九州大会代表
安田乙葉(16)

ENTRY No.2 関西代表
吉村梓穂(13)

ENTRY No.3 中部大会代表
田村友乃(12)

ENTRY No.4 関東大会代表
古川伽音(14)

ENTRY No.5 九州大会代表
渡邊未来(14)

ENTRY No. 6中部大会代表
中村りず(15)

ENTRY No.7 関東大会代表
井上光彩(12)

ENTRY No.8 関東大会代表
佐藤梨紗子(17)

ENTRY No.9 北海道大会代表
佐藤杏樹(14)

ENTRY No.10 関西大会代表
永田愛佳(15)

ENTRY No.11 関西大会代表
南地由奈(14)

ENTRY No.12 東北大会代表
ジョンソン 珠貴 カースティン(15)

ENTRY No.13 中部大会代表
宮野留宝(13)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る