押井守監督「100万人が観るより、1万人が100回観る方が嬉しい」 映画「THE NEXT GENERATION パトレイバー 首都決戦 ディレクターズカット」

2015年10月10日 押井守監督の映画「THE NEXT GENERATION パトレイバー 首都決戦 ディレクターズカット」が10月10日に公開されました。1988年の誕生以来、従来のロボットアニメの常識を覆すリアルな描写が熱狂的な支持を集め、ロボットジャンルの代表作の一つとなった「機動警察パトレイバー」。今作は実写プロジェクトとして実現しました。ディレクターズカットの今作は押井監督の強い要望により全カット責任編集を行った結果、27分のシーンが追加され、映像作家・押井守の色がより鮮明となった119分の新バージョンとして生まれ変わりました。フィールドキャスターは映画の公開を前に押井守監督に話を聞いてきました。

「確かにディレクターズカットで面白かった例は少ないけども、今回はこっち(ディレクターズカット)の方が面白いと思う。作っている側の意見としてはスタッフ・キャスト含めて、こっちの方が面白いという話になっている。」

「27分長くなったのが退屈になっただけなのか、見ごたえがあるの物になったのか、観ればわかる。」

Q 太田莉菜さん演じるカーシャについて?

「カーシャ(ファンが)が確かに多かったみたいあ。格好いいからね。(アクションは)本人がやりたがった。(太田さんは)体が硬いし運動神経ほとんど無いし、アクション監督が付きっきりで訓練して撮影をがんばればなんとかなるんですよ。」

「アクションで一番大事なのは、表情なんですよ、面構えというか。殺気がみなぎってくるというか、目付きがね。」

Blu-ray&DVDは11月3日に発売されます。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る