風俗嬢役の沢尻エリカがセクシー衣装でダッシュ!映画『新宿スワン』の特報公開!

2015年2月4日 ヤングマガジンで連載直後から熱狂的な人気を誇る「新宿スワン」が映画化!奇才・園子温監督が鈴木おさむさんを脚本に迎え、ついに完全実写化されます。アジア最大の歓楽街「新宿歌舞伎町」を舞台に、女性たちに水商売の斡旋をするスカウトマンたちの熾烈なだまし合いによる抗争と、頂点へと成り上がろうとする熱き男たちのロマンを描きます。

公開された特報では、はかない運命を背負った風俗嬢・アゲハ役の沢尻エリカさんが風俗店を逃げ出し、街を駆け抜ける場面が印象的です。沢尻エリカさんのコメント。「新宿スワン、衝撃の作品です。アゲハを通してこの作品に恋をしました。男たちの迫力のある芝居に圧倒され、現場では常に刺激と興奮の連続でした。」

原作は歌舞伎町を舞台に熾烈な争いを繰り広げる若きアウトローたちを描き、単行本全38巻の大ヒットを記録した和久井健さん原作の『新宿スワン』。過激な内容に加え、歌舞伎町での撮影が困難なことから「映画化不可能」とも囁かれてきた本作の映画化を実現させたのは、『クローズ』シリーズや『ルパン三世』など、邦画のエンタテインメント作品を製作し続け、唯一無二の存在感を築き上げるプロデューサー、山本又一朗さん。「原作が非常に面白かったし、新宿は青春時代を過ごした街なので、ぜひ映画にしてみたかった。」と語るプロデューサーの山本又一朗さんと同様、園子温監督も「龍彦(綾野剛)が喧嘩でボコボコにされて血まみれになるシーンを撮影しているとき『どこかで見たことがあるな・・・』と思ったら、自分の経験だった(笑)」と語るほど、両者にとって強い思い入れのある実写映画化となりました。

プロデューサー:山本又一朗 監督:園子温
原作:和久井健『新宿スワン』(講談社「ヤングマガジン」刊) 
主題歌:「Dive」MAN WITH A MISSION / 挿入歌:「Collide」UVERworld
(ソニー・ミュージックレコーズ)
脚本:鈴木おさむ 水島力也 企画:古川公平 瀧藤雅朝 共同プロデューサー:富田敏家 鈴木剛
配給:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント 
©2015「新宿スワン」製作委員会
shinjuku-swan.jp
5月30日(土)TOHOシネマズ新宿ほかにて全国公開!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る