武田鉄矢がうっかりギネス達成!「マルちゃん 赤いきつねうどん」

東洋水産「マルちゃん 赤いきつねうどん」が「同じ俳優を起用したTVCMを最も長い間放映し続けている商品」としてギネス世界記録トレードマークに認定されました。

これを記念して、2019年8月28日(水)の『テレビCMの日』にギネスワールドレコーズジャパンにて「マルちゃん 赤いきつねのTVCM ギネス世界記録トレードマーク公式認定証授与式」が開催されました。

当日は、東洋水産株式会社 専務取締役沖斉から、「1978年の赤いきつねの発売以来、武田さんにはずっとCMキャラクターとして支えていただきました。そして、共にギネス世界記録トレードマークを達成することができ、とても嬉しいです。ファンの皆様と武田さんに大変感謝しています」と感謝の言葉語りました。
昨年の赤いきつね発売40周年イベントで『ギネス世界記録を取るまで頑張りたい』と発言したことを聞かれると、武田さんは「(発言したことを)覚えてないんです。なんの気なしに『ギネス世界記録なんかとってみたいな』と話したんだと思います。
でも話してすぐ翌年には本当に取ることができて驚いています」と喜びを語りました。

武田さんはCM出演が決まった当時を振り返り、「CM出演を初めて聞いた当時は、まだ20代半ばで、前年に出演した映画をきっかけに“コミカルな演技が評判の三流フォークシンガー”というキャラクターができてきた程度だったので、“CM出演”と聞いてゾクッとしました」と語りました。
この41年間の思い出について、「海を渡ってアメリカで多くの現地エキストラさんと撮影したときは2-3日で何パターンもの撮影をするハードな現場でした。
ターザン篇の現地の人たちに囲まれるシーンでは、下手な英語で“観光”とアドリブで連呼したらその場にいたみんなが笑ってくれたこともありました。
各作品に様々な人々との思い出があります。
あとは、このCMで付いたイメージが強すぎてライブ会場で赤いきつねを投げられたこともありました」と長年CM出演されている武田さんならではのエピソードを話しました。
「実はやめようと考えたこともありました。でも当時の社長から熱く語りかけられ、そこからまた頑張ろうと思うことができました」と当時を振り返り語りました。

「一作品ずつ頭を悩ませてアドリブを演じたり、真剣に向き合ってきたことを認めていただいたのだと思い、嬉しいです」と語りました。
最後に武田さんは、「教師役を演じた作品で共演した生徒役の俳優さんと、CMで再共演したときに、このCMの歴史の長さを感じます。
これまでも、この作品を通して様々なアイドル・タレントや女優さんなどたくさんの方々との出会いがあったので、ぜひ今後も素敵な方々と共演出来たら嬉しいです。
そして、今後もより面白い作品を作れるように頑張ります」と意気込みを語りました。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る