グラビアアイドルの緒方咲さん(27)。
T:168、B:87、W:62、H:88

篠田麻里子似でFカップ!股下は85センチあり、ファンの間では“グラドル摩天楼”などと呼ばれています。
彼女は今回、10作目となる最新イメージビデオ発表し、秋葉原のソフマップで記念イベントを開催。「記念すべき10作目なので気合を入れて頑張った!」という今作のタイトルは『向かいの部屋に住むお姉さんのカラダに目が釘付け』と、とても長い…。 
タイトル通り「私が向かいの部屋に住むお姉さん役で、撮影も向かいの部屋同士で行った。もしかしたら現実にあるようなこと。(視聴者は)向かいに住むお姉さんのことを気になっている人も男の人」なんだとか。
自慢のボディをたっぷりと見せてくれるそうで「リアリティがあり男の人なら一度は妄想したことがあるようなことが色々起きちゃっている!」と男心をくすぶるかのように続けた。

おすすめは白い衣装のシーンで「一番衝撃だった。初めて乗馬マシーンに乗だんだん激しくなり、ズボンの布が破けたりして、トラブルが起きたけどなんとか撮影できた」という。
敗れたシーンは収録されているのか?「それは観てからのお楽しみ!」

おすすめは他にジャケットのハイレグ衣装で、「ファンの方から好評でボディラインが見えて超ハズいんですよ。この衣装を使ってメチャメチャたっぷりのローションをかけ、まくってヌルヌルで体がすごいことになった」と笑顔で語った。

また特に恥ずかしかったシーンを聞かれると、「ガウンの衣装。最終的に本当に真っ裸ですかくらいの露出が結構あるのでポージングするのが恥ずかしかった。中はどうなっていると思いますか着てないに思えますよね」と目をキラキラさせた。

自己採点は堂々の「100点満点」今後は「海でも撮影したい。夕日にテカテカオイルをつけてキラキラのゴールドの衣装で撮りたい。やったことないからセクシーな感じ」とサービス精神旺盛。次回作が早く観たいものです。

関連記事

ページ上部へ戻る