“フリースタイル王者”が競演?! ラッパー・晋平太の楽曲にのせてバスケットボーラー・ZiNEZが華麗なボールさばきを披露!<ミズノ>Web動画「SUPERSTAR20SS プロモーションムービー」

ミズノは、2020年1月10日(金)より晋平太さんとZiNEZ(ジンジ)さんが出演する「SUPERSTAR20SSプロモーションムービー」をWEB上で公開。

動画では、『フリースタイル ダンジョン』で完全制覇を果たした晋平太さんと、モデルとしても活躍し、フリースタイルバスケ世界王者であるZiNEZ(ジンジ)さんが、“フリースタイル”で共演。
音楽とバスケットボール、卓越したスキルを持つ二人のコラボレーションが印象的な動画となっている。

また、「SUPERSTAR20SS プロモーションムービー」中の楽曲は、晋平太さんが今回のために書き下ろし。
まっすぐ突き刺さる晋平太さんのリリックが、さらに動画を盛り上げる。

「考えるな感じろ。本気で感動しろ。
俺らは思いっきり自由。それが俺たちの生きる理由。
してる暇ない一喜一憂。 好きにさせろってきっちり言う。
我に返るなんて無理がある。振り返らずに過去を塗り替える。
リハなしの本番を繰り返す。人生100年たった一回のフリースタイル。」

<インタビュー抜粋>
【晋平太(しんぺいた)】
――晋平太さんにとってのスーパースターは誰ですか?
僕のスーパースターはやっぱりラッパーです。
中でもエミネムさんとか、日本人で言うとZeebraさん。
自分に強烈なインスパイアを与えてくれた人たちです。
Zeebraさんはラップに熱中したきっかけの人。
元々その時にはフリースタイルとかラップをやってたんですけど、エミネムさんはフリースタイルバトルを描いた映画になったのを見て、よりのめり込んだというか、こういう風になれるのかな、って。
この二人には人生において熱中するきっかけや夢とかを与えてもらったので、僕の中のスーパースターです。

【ZiNEZ(ジンジ)】
――フリースタイルバスケットボールの魅力とは?
魅力はやっぱりボール1個で言葉を超えることです。
海外に行ってワークショップをやってもそうなんですけど、「見せて渡す」ことで言葉よりもよりぐっと近づける。
尚且つ“フリースタイル”バスケっていうぐらいなんで、ルールがなくて自分が正々堂々と自信持って「これなんです!」って表現したことが評価される。
僕の中でバスケってファッションも全て含めて、スポーツの中で一番カッコいいスポーツだと思っています。
そんなスポーツに更に自由さが与えられているというのが、生まれて30年近く経ちますけど、これを超えるカッコいいもの・自由に表現できるものに僕はまだ出会えてないから、たぶん大好きなんだろうなって思います。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

ページ上部へ戻る