【祝🎉結婚】バカリズム、眠気に耐えつつきっちりメイク。映画『架空OL日記』特別スポット映像「OLの朝編」「更衣室編」「化粧室編」

バカリズムが2006年から3年の月日をかけ、銀行勤めのOLのフリをしてネット上にこっそり綴っていたブログを書籍化した「架空OL日記」。
2017年にバカリズムが原作・脚本・主演を務め話題となった連続ドラマが遂に実写映画化!
2020年2月28(金)に全国公開。

この度、特別スポット映像<OLの朝編><更衣室編><化粧室編> 3本同時解禁!

バカリズム本人が「劇場版だからといって引き続き何もおこりません。 引き続き地味なOLの日常で、僕が演じている事だけが引き続き狂気です。」とコメントしているように、解禁となった映像では、バカリズム演じる“私”や同僚たちの日常の様子を描いており、ドラマ版からのファンにとってはお馴染みのシーンとなり、まだドラマを見たことのない方にとってはバカリズムが当たり前のようにOLとして存在することに狂気を感じざるを得ない。

銀行に勤める彼女たちにとって上司のグチをこぼすのが日課でもあり、至福の時間でもある。
映画では一体誰の、どんなグチが出てくるのか期待が高まるのと同時に、常日頃からグチをこぼしている世の女性たちの背中を押してくれるようなシーンとなっている。

<ストーリー> 
憂鬱な月曜日の朝。
銀行員OLの“私”(バカリズム)の1週間が始まった。
携帯のアラームを6時にセットするも、実際に起きるのは6時半。
眠気に耐えながらもきっちりメイクして家を出る。
ストレスフルな満員電車に揺られ、職場の最寄り駅で合流するのは社内で一番仲良しの同期=マキ(夏帆)。 
私と価値観の近いマキとの会話は、時に激しく不毛ながらも不思議に盛り上がる。
会社の更衣室で後輩のサエ(佐藤玲)と入社8年目の小峰(臼田 あさ美)、10年目の酒木(山田真歩)が加わり、いつものように就業前のおしゃべりに華が咲く…。

配給:ポニーキャニオン/読売テレビ 
©2020「架空OL日記」製作委員会

バカリズムさん、結婚おめでとう!!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

ページ上部へ戻る