城田優“働き方改革”を提案!

ビザ・ワールドワイド・ジャパンがおくる、キャッシュレス推進プロジェクト「Lead Smart」の活動として展開している城田優さん出演のPRムービー「キャッシュレスでもっとスマートに」ランチ篇が公開された。
今回のランチ篇では、みんなが Visa のタッチ決済を使ってキャッシュレスにすれば、ランチ時の会計がスムー ズになり自由な時間が増え、午後の仕事への活力となり働き方改革にもつながると提案。

Visaが東京都内で就業する20~40代男女400人を対象に実施した調査「お金・決済とライフスタイル調査」1 では、昼休みの平均時間は約56分であるのに対し、そのうち食事に充てられる時間(移動時間を含む)は平均 31 分という結果に。

中でも35~49歳男性の45%は、食事に充てられる時間が15分程度と短くなっている。さらに同調査では、84%が「ランチ時の会計のレジ行列にイラッとしたことがある」と答え、 「キャッシュレスが進むと、ランチ会計の時間は短縮されると思う」と考える人は、91%にものぼっている。
Visaのタッチ 決済は、貴重な食事時間の中で会計にかかる時間を短縮することにもつながるキャッシュレス決済方法。

Visa では、日本政府が掲げる2025年までにキャッシュレス決済比率を40%にするという目標の達成に貢献するため、キャッシュレスのベネフィットを消費者の皆さまに伝える活動としてPRムービーを展開している。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る