行定勲監督によるWEB限定恋愛動画『銀座ダイヤモンドシライシ』

1994年に日本初のブライダルジュエリー専門店として創業した「銀座ダイヤモンドシライシ」の新CM「彼は走っている」篇が公開されました。

このCM は、数々のヒット作を生み出している恋愛映画の名手、行定 勲さんが監督を務め、俳優の三浦貴大さんと女優の土村芳さんを起用。
何気ない日常の中で起こる二人の輝くプロポーズの瞬間を切り取った映像は「卓越した演出力と映像センスで、役者の潜在力を最大限に引き出す」行定 勲監督の真骨頂。まるで短編映画を見ているかのようなCMとなっています。
ダイヤモンドの輝きにこだわり続ける「銀座ダイヤモンドシライシ」のリングがふたりの永遠の愛の証として、映像美のなかに存在感を放っています。

【CM ストーリー】
同棲中の彼女にプロポーズを決意した男性は、帰宅途中のバスの中で、ポケットに入った指輪の箱を触りながら嬉しそうに微笑みます。
早く渡したくて、バス停を降りた瞬間から、家に向かって全 力で走ります。家に到着すると「おかえり」とキッチンから笑顔で迎える彼女の姿が。息を切らし、汗だくな彼の姿に「どうしたの?」と笑う彼女に、ダイヤモンドの指輪を差し出すと、彼女は 「今日ってなんの日だっけ?」とうれし涙に目を輝かせます。フルバージョンでは、走っている途中、トランペットを練習するおじさんと子どもたちを通り過ぎていきます。
このおじさんと子供たちの正体は・・・。そして、プロポーズ後、ふと窓の外に視線をむけると、先ほど練習していたトランペットの音色は結婚を祝う曲に変わります。
すべてを見届ける神様と天使が2人を祝福するために。それを見た2人は微笑み、幸せをかみ締めます。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る