ワールドカップ目前!現役選手が語る「サッカー哲学」

アディダスフットボールは、スピードプレーヤー向けのフランチャイズ『X』をさらに軽量化し、フルモデルチェンジした『X18』を発表しました。
それを記念して、都内・スターライズタワーにて、フットボールイベント「ADIDAS WORLD CUP DAY 2018」が開催されました。

このイベントは、開催まで一か月を切った 2018 FIFA ワールドカップ ロシア大会に向けて、日本全体を盛り上げ、機運を高めることを目的とし、ゲストに宇佐美 貴史選手、武藤 嘉紀選手、中島 翔哉選手、など現役選手のほか、名波 浩さんらが登場しました。

イベントでは、名波さんがホストに徹しトークを展開。
海外でも経験を積む選手たちは、今までの経験を踏まえた独自の「サッカー哲学」を語りました。

【X18(エックス 18)】
スピードを追求したゲームチェンジャーに愛されてきた『X17(エックス 17)』を、2018 FIFA ワールドカップ ロシア大会に向けてフルモデルチェンジ。とにかくシンプルを追求し無駄をそぎ落としながら、最新の テクノロジーによって耐久性を追求することで、フットボールにおける“スプリントスパイク”が登場。
新しいこの『X18』では、同フランチャイズで初となる足とシューズの一体感を高めるレー スレスシステムを採用したほか、アッパー素材には極薄ウーブン素材を使用したスケルタルウィーヴを採用。 履き口には優れたホールド性と軽量性を兼ね揃えたクローカラーを採用、アウトソールは刃型を組み合わせた 鋭角のスピードスタッドを使用。『X18』は、スプリントにより一瞬のスピードでゲームを決め るゲームチェンジャーにとって決定的なギアとなる、フットボールにおけるスプリントスパイクです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る