安藤サクラが「おとな」を諭す

イオン飲料「ポカリスエット イオンウォーター」のリニューアル発売に伴い、 「甘くない。引きずらない、もう、青くない。」というキャッチコピーの元、新CM「おとなは、ながい。~電車~」篇が公開されました。

この新CMでは、〝青い′′青春の時代を卒業し、もう卒業することのない「おとな」と呼ばれる長い時間を生きるすべての 人を応援するもの。
その、おとなとして生きる姿を「甘くない。引きずらない、もう、青くない。」、「おとなは、な い。」というメッセージで表現しています。
新CMでは、通勤電車や野球グラウンドを舞台に、主人公が 10 年後も 20 年後も「おとな」であることや、「子どもの ままでいる方が難しい」ことを安藤サクラさんが語ります。
そして例えそこに卒業がなくとも、清々しく毎日を生きていく姿を描き、 青春時代の自分と「おとな」になった自分を対比することで、「おとなは、ながい。」を実感できる作品となっています。

【ポカリスエット イオンウォーター新CM「「おとなは、ながい。~電車」篇(30秒)ストーリー 】
新 CM「おとなは、ながい。」篇は、安藤サクラさん演じる、働く女性が主人公。
チャキチャキの明るいおねえちゃんの 性格の主人公が、満員電車と野球のグラウンドを舞台に、「おとな」の世界について若者に語ります。
「おとなは、ながい。~電車~」篇の始まりは、満員電車での女子高生との談笑。つり革につかまった主人公(安藤サ クラさん)は、たまたま駅のホームで知り合った女子高生と親しく話します。
「わたしもう、そういうの卒業しちゃったから さ」唐突に語りはじめた主人公は、「もうさ、昨日も今日も明日も、10 年後も 20 年後も 50 年後もずーっとおとななのね、 私」と続けます。
さらに、「もうそこには戻れない、ゴールもない。」と過去には戻れないし、卒業することもないおとなの 世界について語ります。電車に 1 人という象徴的なシーンで「おとなって、どこいくんだろう…。」と一言。満員電車に戻り、「わかる?わかんないよね~。」と、確認し、「おとなって、なっがいよ~。」と締めます。やる気に満ちた表情で電車 を降りた主人公は、今日も前向きな気持ちでおとなとしての 1 日を過ごします。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る