両足を失った男性の再起の物語 映画『ボストン ストロング~ダメな僕だから英雄になれた~』

ボストンマラソン爆弾テロ事件で“ボストンのヒーロー”と呼ばれた男の真実の物語を描いたジェイク・ギレンホール主演・プロデュース作『ボストン ストロング~ダメな僕だから英雄になれた~』の特別映像が公開されました。

この作品は2013年に起こったボストンマラソン爆弾テロ事件の被害にあった、ジェフ・ボーマン氏の実話を映画化。テロに巻き込まれ、両足を失ったボーマンは「ボストンストロング」というテーマの元、ボストン復興の象徴として脚光を浴びるも、ボーマンの前には様々な困難が・・・・。耐えられない傷とプレッシャーを背負いながら、恋人や家族などの愛する人々に支えられ、困難を乗り越え、再び立ち上がる“フツウの男”の感動の実話となっています。

今回公開されたフューチャレット映像では、両足を失ったジェフ・ボーマンを映した本編映像や、撮影現場で監督と話し合うジェイク・ギレンホールや、現場を訪れたジェフ・ボーマン本人の映像とともに、主人公ジェフ・ボーマンを演じるジェイク・ギレンホール、恋人役を演じたタチアナ・マスラニー、母親役のミランダ・リチャードソン、そしてモデルとなったジェフ・ボーマン本人や、妻のエリン、母親のパティーが登場し、自身のキャラクターについて感想を語っています。
また、監督のデヴィッド・ゴードン・グリーンや、プロデューサーが、ジェイクやタチアナの演技を称賛する様子が映されています。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る