吉沢亮が沢尻エリカ演じる「こじらせ女子」に恋?映画『猫は抱くもの』

『ヘルタースケルター』以来6年ぶりとなる沢尻エリカさんと若手俳優の吉沢亮さん出演、犬童一心監督がメガホンをとる『猫は抱くもの』の予告編が公開されました。
この作品は思った通りの自分になれず、投げやりな毎日に慣れてしまった“元アイドル”の沙織(沢尻エリカ)と“自分を沙織の人間の恋人だと思い込んでいる猫”が、自分らしい生き方を見つけていく物語で、主演の沢尻エリカさんは思うように生きられないアラサー女性を演じ、6年ぶりの主演作にして新たな境地を切り開いています。
猫の良男の擬人化した姿を演じるのは、今最も注目されている若手演技派俳優の吉沢亮さん。
さらに、「水曜日のカンパネラ」のボーカル・コムアイさんが猫のキイロを擬人化した姿を演じ、銀幕デビューを果たしています。
また、ロックバンド「銀杏 BOYZ」でボーカル&ギターを務める峯田和伸さんも、物語のキーマン となる画家・ゴッホとして登場。
実写の猫に加えて、演劇風の演出、アニメーションなど数々の演出が織り込まれ、映画好きこそ見るべき、新鮮な演出が盛り込まれ他作品となっています。

【STORY】
こじらせた1人と1匹の妄想が、自分らしい幸せに気付かせてくれる― 思った通りの自分になれなくて、いつしか投げやりな生き方に慣れてしまった沙織(沢尻エリカ)。元アイドルのアラサーで、今はスーパーで働く彼女が 心を開くのは、こっそり飼っている、ロシアンブルーの猫・良男(吉沢亮)だけ。今日いちにちの出来事を、妄想を交えつつ良男に話して聞かせる沙織。
沙織の心に寄り添ううち、良男は自分が沙織の人間の恋人で、彼女を守れるのは自分だけだと思い込んでしまう。
そんなある日、沙織の前に“ゴ ッホ”と呼ばれる売れない画家・後藤保(峯田和伸)が現れ、良男は沙織の変化を目の当たりにする。
ある晩、良男は月に誘われるように外の世 界に飛び出し、迷子になってしまい…。
ゴッホや、ゴッホを慕う猫・キイロ(コムアイ)、個性豊かな猫たちとの出逢いを通じて、1 人と 1 匹は、自分ら しく生きるすべを見つけていく。 うまくいかないことの輝き。置いてけぼりをくらっている時間の豊かさ・・・。灰色の日常がカラフルに輝きはじめる、心温まる物語。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る