映画『ペンタゴン・ペーパーズ /最高機密文書』本編映像が一部解禁!

スティーヴン・スピルバーグが現代社会に放つ強烈なメッセージとして描いた映画『ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書』の本編映像の一部が解禁されました。

スピルバーグ監督は「今、撮るべき作品」として、トランプ大統領就任 45日後に本作の製作を発表し、予定していた作品よりも先に製作する事を決め、撮影を敢行。
まさに「今」だからこそ伝えるべき強烈なメッセージを込め、この危機的状況に警鐘を鳴らす作品に仕上げたそうです。
そんなスピルバーグ監督の強い呼びかけに応え、名優メリル・ストリープとトム・ハンクスがついに初競演!
脚本はリズ・ハンナ、そして『スポットライト 世紀のスクープ』のジョシュ・シンガーが手がけ、音楽はジョン・ウィリアムズ、撮影はヤヌス・カミンスキーが担当するという世界最高の布陣となっています。

今回解禁された映像は、ワシントン・ポストの編集主幹であり、キャサリン・グラハムの良きビジネスパートナーとして彼女を支えてきたトム・ハンクス演じるベン・ブラットリーとその妻、トニー・ブラッドリーの会話を描いたシーンとなっています。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る