ノンスタ石田の脚本に井上「蕁麻疹が出た!」よしこは速水もこみちと恋愛!?【沖縄国際映画祭お〜きな祭】

2018年3月20日、沖縄県那覇市を主に4月19日〜から22日まで行われる「島ぜんぶでおーきな祭 第10回沖縄国際映画祭」の記者発表会が都内で開かれ、ガレッジセール川田さん、ゴリさん、ブラックマヨネーズ小杉竜一さん、野性爆弾・くっきーさん、鉄拳さん、NON STYLE石田明さん、井上裕介さん、宮川大輔さん、シソンヌじろう、ガンバレルーヤよしこさん、など大勢のキャストが出席しました。

映画祭として10年目となる今年はよりパワーアップ。ガレッジセール・ゴリさんは本名の照屋年之名義で映画「洗骨」を監督。沖縄の一部の地域で伝統として行われている死者の骨を海水や酒などで洗い、再度埋葬する葬制の行為をテーマとした映画となっています。

「TV DIRECTOR’S MOVIE」ではNON STYLE井上さんの主演、石田さんがコントムービー「耳を腐らせるほどの愛」の脚本を担当。元々起用する予定がなかった井上さんを、制作側のどうしても井上さんを主演にしてほしいというお願いを飲み込みつつ「目立たないようにとセリフをとにかく少なくし、なるべく井上が目立たないように試行錯誤しました」という制作での苦労話も。しかし、井上さんは様々なシーンで見切れており、「セリフこそ一番少ないものの、撮影は一番長かったため蕁麻疹が出ました」といった発言で会場は爆笑に包まれました。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る