住居侵入犯罪を防ぐ?レオパレス21の新たなセキュリティ施策

レオパレス21が開発した、ひとり暮らしの女性の多くが不安に思う、女性を狙った住居侵入犯罪を軽減することを目的とした防犯施策「Man on the Curtain」のWEBムービーが公開されました。
およそ140万人の女性がひとり暮らしをしている東京は、“ひとり暮らしの女性が世界一多い街の一つ”と言われています。

ひとり暮らし向けのお部屋を提供しているレオパレス21では、少しでも女性の不安を取り除き、より安全に、のびのびと生活してもらうために開発した防犯施策が「Man on the Curtain」。
この「Man on the Curtain」は、 スマートフォンとプロジェクターだけを用いて、動く男性のシルエットを窓に投影するもの。
動く男性のシルエットは、シャドーボクシングをしているものや、筋トレをしているもの、バットで素振りをしているものなど全部で12種類あり、どれも強そうな男性が生活している様子を写し出しています。
この取り組みは、防犯理論「攻める防犯」に則っており、犯罪者に大きなプレッシャーをかけることで犯行を抑止することに効果的であると言われているそうです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る