【吉本坂46 第一次審査合格者発表】おばたのお兄さんが山崎夕貴アナとの恋愛は「隠し通す!?」【合格者全員記載】

2018年2月22日、アイドルグループ・乃木坂46、欅坂46に続く“坂道シリーズ”第3弾として、秋元康氏と吉本興業が展開する新プロジェクト「吉本坂46」の第一次審査合格者が発表されました。
エントリー数1747人から、第一次の書類審査で751人が通過し、吉本興業本社や他会場で合格者が発表されました。
よしもと所属であれば誰でも応募ができ、ユニットの芸人は個人でエントリーとなった同オーディション。

主な合格者として、ガンバレルーヤのよしこさんとまひるさん、おばたのお兄さん、コロコロチキンペッパーズ・ナダルさん、デニス・植野行雄さん、鬼越トマホーク・坂井良多さんが合格。
しかし、 珍しくコンビそろって落選したマヂカルラブリーは、落選にも関わらず囲み取材をすることに。野田クリスタルさんは敗者復活あるか!?と意気込み囲み取材に応じますが、結果はなにも変化はなく通常の囲み取材が行われ落胆した様子で「もうメディアとか無理なのかな」と暗い表情で言葉数も少なめ。

合格者のガンバレルーヤ・まひるさんは「短いスカートなどの衣装は着るの?どうするの?」というきわどい質問に「アンダーヘアはちゃんとしようかなと思います」と回答し、周囲から「そこは普通見せないでしょ!」とツッコまれる場面も。
よしこさんは一発ギャグの「財前直見さん」のモノマネを披露し報道陣を笑わせました。

おばたのお兄さんもギャグを披露するも、「それはギャグだったんですか?」と周囲から総ツッコミ。「絶対に!受かりま〜きのっ!」と必殺のギャグを最後に披露すると、「よろしいでしょうか〜」と囲み取材の終わりを教える報告に戸惑うおばたのお兄さん。
現在フジテレビの山崎夕貴アナウンサーと交際中であることから、記者から教えられた「吉本坂46は恋愛禁止」のルールに驚きつつも「違う名前で活動すれば問題ない?」と考えつつ、「交際は隠し通します、(表にもう出てしまったけど)一回闇に…」と答えると周囲はざわざわ。
「結婚の動機が吉本坂なのはおかしいけど、交際は続けます」と宣言していました。

4月3日からテレビ東京にて『吉本坂46が売れるまでの全記録』という番組も開始します。最終形が未知数の吉本坂46、一体どうなるのでしょうか?今後の展開に要注目ですね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る