岡崎京子の傑作『リバーズ・エッジ』二階堂ふみら豪華キャストで映画化【特報】

映画『リバーズ・エッジ』の最新動画が公開されました。

シンガーソングライター・小沢健二さんが書き下ろした「アルペジオ(きっと魔法のトンネルの先)」が主題歌となっており、二階堂ふみさんが高校生の頃から実写化したかったという思い入れのある本作。

1980年~90年を代表する漫画家・岡崎京子さんの漫画「リバーズ・エッジ」が原作となっており、岡崎さんは過去に「Pink」「東京ガールズブラボー」「ヘルタースケルター」などを発表し、「リバーズ・エッジ」を発表した翌年、自宅近くで交通事故に遭い、重体となり作家活動を休止しています。

岡崎京子さん原作の『リバーズ・エッジ』は、河原の死体を通じて歪んだ絆で結ばれていくハルナと山田、ゲイであることを隠して売春をする山田に過激な愛情を募らせるカンナ、暴力の衝動を抑えられない観音崎、大量の食物を口にしては吐くこずえ、観音崎と体の関係を重ねるハルナの友人ルミら、事情を抱えた高校生たちを巡る物語となっています。

映画『リバーズ・エッジ』
© 2018「リバーズ・エッジ」製作委員会/岡崎京子・宝島社
配給:キノフィルムズ/木下グループ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る