吉村界人が大野いとに誘惑される?谷崎潤一郎の狂気の世界を描く【映画『悪魔』舞台挨拶】

2018年2月24日、映画『悪魔』の舞台挨拶が行われました。
文豪・谷崎潤一郎さんの短編を原案とし、3人の映画監督が映像化するという「谷崎潤一郎原案 TANIZAKI TRIBUTE」の第3作である本作。
大正元年に発表された谷崎の同名小説「光と血」「オー!ファーザー」の藤井道人監督が映画化し、『悪魔』が完成しました。
注目の俳優・吉村界人さん、大野いとさん、前田公輝さん、遠藤新菜さんら演技派の若手キャストが狂気の世界観を演じています。
今回の舞台挨拶ではそれぞれの「悪魔」と思うものを発表することに。
主演の吉村さんは自身と主人公のキャラクター・佐伯に共通点を感じているとのことで、自分の悪魔は「自分」と答えようとするも、重くなってしまうとのことで却下。最終的に「監督」と答えるお茶目な部分も垣間見えました。
各キャストの皆さんと監督がそれぞれの悪魔を発表し、その答えからも現場の撮影の壮絶さが感じられる本作。
限界まで自身を追い詰めて撮影を行った「悪魔」、渾身の一作となっています。

あらすじ
大学入学のため上京した佐伯(吉村界人)は、閑静な住宅街にある林邸に下宿する。林家には大家の千枝、高校生ながら不思議な色気と魅力を持つ千枝の娘・照子(大野いと)、そして、照子を偏愛する林家の親戚にあたる鈴木(前田公輝)が住んでいた。佐伯は、アルコールにおぼれ、幻覚に苦しみ、大学にもなじめない。そして、下宿先では、照子が佐伯の部屋へ頻繁に訪れ、小悪魔のように佐伯の心を惑わしていくのだった。ふたりの様子を見た鈴木は、佐伯に対し、照子に近づかないよう警告をする。反発する佐伯だったが…

監督のメッセージ
「悪魔」とは、人間を誘惑し、災いをもたらす存在を称してそう呼ばれています。そして、大なり小なり私たちの周りにはその「悪魔」が存在します。谷崎潤一郎の「悪魔」を初めて読んだとき、100年以上前に書かれた作品にも関わらず、今の現代社会における人間の心の暗部に置き換えることが出来る普遍性に感嘆しました。主人公の青年は、若くて美しい女子高生の照子という「悪魔」に出会い、次第に自我が崩壊していきます。そもそも「悪魔」とは、自分に外的危害を加える存在なのか。もしくは、自分自身の精神に巣食う存在なのか?というテーマに向き合って作りました。

『悪魔』 2018年2月24日(土)新宿ピカデリーにて2週間限定公開

監督:藤井道人

出演:吉村界人 大野いと 前田公輝 遠藤新菜 / 山下容莉枝 ほか

原案:谷崎潤一郎 / 制作プロダクション:TBSサービス / 配給:TBSサービス

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る