「学割先生」竹内涼真がリフティングを披露!志尊淳はいたずら坊主だった?意外な過去も

2017年1月15日、都内にてソフトバンクの新CM発表会が行われ、 竹内涼真さん、生瀬勝久さん、志尊淳さん、壇蜜さんが登壇し新CMをお披露目しました。 竹内さんが「学割先生」としてスーツ姿で登場し、生徒役は志尊淳さん、 教頭先生役の生瀬勝久さん、女性教師役に壇蜜さんが登場し、竹内さんが学校に赴任する…!?という設定になっています。

発表会では学生の頃にまつわる話も。学生時代の思い出に残る先生は?という質問では志尊淳さんは小学校低学年の頃はよく暴れるいたずらが大好きな生徒で、毎日叱ってくれた小川先生が思い出に残っているという意外なエピソードを披露。
竹内さんは中学時代のサッカーの監督が学生時代の中で一番の恩師だと語り、その努力が今に生きていると語っていました。

発表会の途中、竹内さんがリフティングを披露!という無茶振りコーナーが。
新しく始まるキャンペーンにかけて「50GB」にちなんだリフティング50回に挑戦しますが、スーツ姿で38回リフティングを成功させ、会場はすごい!と歓声に包まれました。

最後に4人全員の書き初めを披露し、役柄の名前を書いた竹内さんと生瀬さん。竹内さんは「もう自分が先生をやれる歳なんだ」と実感したと感慨深く語りました。
生瀬さんは母親が先生だったということもあり、「教頭先生役は全て私がやりたい」と今後の役柄に意欲を見せていました。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る