2人の「成人式の思い出」とは? 玉木宏 新木優子

東京・ブロードメディアスタジオ試写室にて映画「悪と仮面のルール」の公開直前イベントが行われ、俳優の玉木宏さんと女優の新木優子さんが出席しました。
映画「悪と仮面のルール」は中村文則の小説を映像化した作品で、思いを寄せる女性を救うため実父を殺害後、整形手術を受け別人として生きていく男・久喜文宏を主人公としたサスペンス。文宏役を玉木さんが務め、彼の幼なじみであるヒロイン・香織に新木さんが扮しています。
この日は「成人の日」ということで、玉木さんは黒の袴姿、新木さんは色とりどりの華やかな着物で登場しました。
イベントで「成人式の思い出は?」との問いに玉木さんは「僕は地元の名古屋で過ごしました。卒業した小学校であったので同窓会のようだった」と振り返り、新木さんは「横浜アリーナであったのでいろんな人がいすぎて友達をなかなか見つけられなかった」と懐かしんでいました。

(c)中村文則/講談社 (c)2017「悪と仮面のルール」製作委員会

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る