最も切なく、最も美しくて残酷なトラウマ・サスペンス!映画「ミスミソウ」特報映像が解禁!

「ハイスコアガール」「でろでろ」などで知られる人気漫画家・押切蓮介の代 表作にして、映像化不可能と言われた伝説のコミック『ミスミソウ 完全版』が、実写映画「ミスミソウ」 の特報映像が公開されました。
「ミスミソウ」は押切蓮介ファンの間でも1、2を争う人気作でありネット上の「トラウマ漫画」系まとめサイト、掲示板等では必ず名前が挙が るほど認知度の高い作品で、押切蓮介作品【初の実写化】 。

東京から田舎に転校してきて、壮絶なイジメを受けている主人公・野咲春花役には、今回の作品で初主演を射止めた山田杏奈。春花を密かに支えている唯一の味方・相場晄役を、映画『渇き。』、『ソロモンの偽証 前編 /後編』、『ちはやふる 上の旬/下の旬』など、次々と話題作に立て続け出演している大注目の若手俳優・清水尋也が演じています。
注目の若手2人をはじめ、大塚れな、中田⻘渚、紺野彩夏、櫻愛里紗、遠藤健慎、大友一生、遠藤真人ら若き才能が集結しています。

【STORY】
東京から田舎に転校してきた主人公・野咲春花(のざき・はるか)は“部外者”として扱われ、壮絶なイジメを受けていた。春花 の唯一の味方は、同じように転校してきたクラスメイトの相場晄(あいば・みつる)。彼を心の支えに必死に耐えてきた春花だが イジメは日に日にエスカレートしていった。そして、ある日、激しく燃え上がる炎が春花の家を覆い尽く。思いもよらない悲劇に 遭遇した春花の心は、崩壊する── 。厳しい冬を耐え抜いた後に雪を割るようにして咲く花、三角草(ミスミソウ)。春花はミス ミソウのように厳しい冬を耐えて、きれいな花を咲かせることができるのか…。春花が選んだ道とは・・・。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る