吉岡里帆 、ゴッホの世界に浸る

女優の吉岡里帆さんが都内で行われた「ゴッホ展 巡りゆく日本の夢」の報道内覧会に出席しました。

この「ゴッホ展 巡りゆく日本の夢」は、1853年にオランダに生まれたフィンセント・ファン・ゴッホが、1886年にパリに移り、この地でさまざま刺激を受けながら、自らの絵画表現を模索していく中で、大きな役割を果たした、日本の浮世絵にフォーカスを当てた内覧会となっています。

会見では、美術に関心を寄せる吉岡さんが11月3日放送の「ゴッホは日本の中で夢を見た」(NHK)撮影時にヨーロッパにて直接触れたゴッホの魅力について語りました。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る