稲村亜美、まさかの大暴投!?「コンタクトレンズ一日大使」任命式

“神スイング”で知られるタレントの稲村亜美さんが一般社団法人日本コンタクトレンズ協会主催の「コンタクトレンズ一日大使」任命式に出席しました。
現在の視力は0.1で中学入学時から、約10年コンタクトレンズを愛用している稲村さんは「中学に入って野球が硬式に変わり、メガネだと球が当たると割れて危ないと思って使い始めた。ずれる心配がないので、より快適に楽しく打ち込めた」と語りました。
イベントでは視力検査で使われるマークが的になったストラックアウトに挑戦。
2球投げて終わりの予定でしたが、2球目、3球目が的に当たらず、4球目でやっと命中。
稲村さんは「練習不足ですね…。」と残念そうに語りました。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る