意外!?老舗料亭で新製品発表会!注目のプロダクトデザイナーが語る『和 × ウォーターサーバー』とは?

水宅配サービスを提供する「富士の銘水」の最新ウォーターサーバー「FRECIOUS dewo mini」の新製品発表が昭和6年に創業した老舗料亭の「つきじ治作」で開かれました。
この「FRECIOUS dewo mini」は、ウォーターサーバーで初めてグッドデザイン賞を受賞した「FRECIOUS dewo」のアイデンティティを継承しつつ、1/3というコンパクトなサイズになった富士の銘水の最新ウォーターサーバーです。
「もっと小さく、もっと自由に」をコンセプトに、置く場所を選ばず、寝室やリビングなどキッチンから飛び出して、様々なライフスタイルにマッチするように設計されています。
さらに今回新たに加わった新色「カッパーブラウン」は、上質なインテリアにとても馴染み、モダンから和まで幅広い空間に調和するカラーとなっています。
著名プロダクトデザイナーの安積伸さんは「キッチンを飛び出して和室にまで置くことができるのではないか。高貴な銅の色っていうのが生まれないだろうかということで導き出されたのがカッパーブラウンという色です。」
また「水」は富士山の標高1000m地点の地下深くから採水され、周りにはゴルフ場や、牧場がないため、バナジウムなどの天然ミネラルをバランスよく含んだ安全で美味しい水を飲む事ができるといいます。
製品発表会では老舗料亭の「つきじ治作」でこの水を使った和菓子が提供され、ほのかに感じる甘い後味を楽しむ事ができました。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る