東京おもちゃショー2017・タカラトミーブースで「うまれて!ウーモ キララメガーデン」の発表会が開かれ、タレントの鈴木奈々さんとお笑いトリオ・パンサーの向井さんと菅さんが登場しました。
このウーモは日本おもちゃ大賞2017「ガールズ・トイ部門」で最優秀賞を獲得した注目商品です。
このウーモの注目ポイントは、卵に入っているウーモを温めることによって、自ら殻を破ってウーモがうまれてくるという、リアリティー溢れるおもちゃとなっているところです。
孵化するまでにおよそ20分かかり、卵をさすりながら温めると、中からウーモがくちばしで殻をつつき、卵を破り始めます。
購入者が自ら20分かけて温め、ウーモも殻を破るなどリアリティー溢れる演出が相まって、生まれてくる頃には本当に生き物が生まれてきた時のような感動を味わうことができます。
イベントでは鈴木奈々さんがウーモを温め、孵化させました。
鈴木さんは「子育てってこういう事なのかなって勉強になりました!母性が湧いてきて胸が張ってきたんですけど(笑)」と、とても感動した様子で語りました。
また、このウーモは一つ卵から2種類のどちらが生まれてくるか、実際に生まれてこないとわからないという面白さも特徴です。
また生まれた後も餌をあげたり、会話をしたりと遊べる商品となっています。
マンションやペットが飼えない人はこのウーモを育ててみてはいかがでしょうか?

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る