動物6000頭以上!ニューヨークの動物園の舞台裏に迫る!

タイムズスクエアからわずか10マイルの距離に位置するブロンクス動物園。
8ヶ月間にわたり動物園に暮らす動物とスタッフたちの舞台裏に世界で初めてカメラが密着する「NY動物園日記」(全8話)の特別映像が公開されました。

265平方エーカー(東京ドーム約23個分)の広さを誇る動物園には6,000頭以上の動物が暮らしています。
その動物たちを飼育・サポートするスタッフの数はなんと500人以上。彼らが日々体験する苦労や、重要な使命でもある希少動物の保護を通じて生まれるさまざまなストーリーを追っていきます。
また、動物園で働く多様な人々のコミュニティや、彼らの持つ専門的技術や多彩なスキルが
どのようにして動物たちへ最高水準のケアをもたらしていくかにも焦点を当てています。

この「NY動物園日記」では、緑内障になってしまったゴリラへの対処やトラの赤ちゃんの引っ越し等、スタッフの動物たちへの深い愛情や弛みない努力、そして日々の奮闘は感動を誘います。
巨大な動物園の知られざる舞台裏を紹介する新シリーズに、ぜひ注目してご覧ください。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る