「ミス日本みどりの女神」の次なるステップ「グリーンウェイブ大使」任命式

国連生物多様性の10年『グリーンウェイブ2017』キックオフ・フォーラムにて「地球いきもの応援団・グリーンウェイブ大使」の任命式が行われました。
任命されたのは1月に行われた「ミス日本コンテスト2017」にて「ミス日本みどりの女神」に輝いた野中葵さん。
野中さんは千葉出身で身長がなんと175cmという抜群のスタイルの持ち主です。
また任命式後のインタビューでは「ミス日本みどりの女神」に輝いてからの心境の変化や今後の目標などを明かしてくれました。

【ミス日本みどりの女神】
日本では2020年にオリンピック・パラリンピックが開催される予定であり、また新国立競技場は緑化を推進するとともに国産材を多用する「木と緑のスタジアム」として整備されることから、今後日本らしい”緑の木のおもてなし”への世界から注目が高まることが推察されている。
こうした中で、世界第2位の森林国であり、古来より培われてきた「木の文化」の現代的な価値や意義を加味しながら、緑や木の重要性を広く社会に発信するために、2015年より国土緑化推進機構とミス日本コンテスト事務局は連携して、「ミス日本緑の女神」を任命している。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る