2015年度ふるさと納税日本一!宮崎県の美しい自然が育む極上の食と酒!「霧島うまいもの会」霧島酒造


2016年11月23日 霧島酒造の芋焼酎と宮崎県のうまいものを堪能し霧島酒造本社がある宮崎県都城市をPRする「霧島うまいもの会」プレスツアーが開かれた。都城市は人口約16万人と宮崎県で2番目に人口の多い市で、畜産業が盛んな自然豊かな場所である。
「日本一の肉と焼酎」というテーマを掲げ、「ふるさと納税」では2014年10月よりお礼の品として「日本一の肉と焼酎セット」が注目を集め、2015年度ふるさと納税日本一となった。

霧島酒造は100周年を迎え日本を代表する「酒」を造り続けている。
そのこだわりはすさまじく、もともと綺麗な宮崎の水に満足せず、深井戸のボーリングを実施し「霧島裂罅水」を掘り当てるなど、「焼酎」のためならどこまでも追及し努力を惜しまない。
それが故に100周年を迎え、人々に愛され魅了し続ける事ができるのであろう。
またこの「霧島裂罅水」は霧島ファクトリーガーデンにて市民に無料で開放され、連日水を汲みに来る人であふれている。
住民からは霧島ファクトリーガーデンの支配人のもとに「工場が休みの日も水汲み場だけはあけといて!!」といわれるほどの人気である。

もちろん「食」と「焼酎」は誰もが認める一流の宮崎県であるが、実際に訪れてみるとそれだけではない人の温かさと焼酎愛を多分に感じる場所であった。
例えば「だれやめ」という文化は焼酎を飲む晩酌のこと。
だれ(疲れ)をやめる(とめる)という意味で焼酎を飲んで疲れをとって明日も頑張ろうという文化である。
焼酎なくして宮崎を語れないというほど文化がライフスタイルの中に溶け込んでいる。

豊かな自然が良い食材を作り、それがうまい焼酎をつくる。
そして人々の心が豊かになって県民性になる。
そんな理想的なサイクルを都城市にみた。

霧島酒造
https://www.kirishima.co.jp

霧島ファクトリーガーデン
http://www.kirishima-fg.jp

music:Chris Zabriskie
http://chriszabriskie.com/uvp/
http://chriszabriskie.com

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る